親の住宅・住居を売却してそのお金で親子で住宅を購入するとき、共同名義にすると贈与税がかかりません。

住宅・住居に対する地震への備えについて

親の住宅を売却し親子共同名義の住宅・住居を購入

住宅・住居を買い換えるとき、よくあるパターンとしてはもともと所有していた人が次の物件も同じ名義で支払いもしていくことでしょう。それであれば売却資金を次の物件の購入資金に充てても特に問題はありません。しかし、複数の人が共同名義になったりすることもあります。高齢の親と子がいて現在親名義の住宅があります。この住宅を売却して新たに住宅を購入したいと考えています。代金としては売却代金では足りないと予想できます。

かと言って親は高齢で支払いをするための貯蓄があるわけではありません。そこで考えるのは親子の共同名義にすることです。この時の方法としては、次の物件の購入代金のうち、前の物件を売却した金額分が親の名義、そして残りについては子どもがローンなどで支払っていくので子どもの名義にすることです。全て子の名義にして親に売却代金から支払ってもらって応答すると贈与税がかかってきます。金額によっては数百万の支払いになってしまいます。

売却を先にするのか、購入を先にするかがあります。先に売却をしてしまうといくらで売れるかわからないので親の持ち分を決めることができません。予想外に高く売れたとしたらそれを受ければやはり贈与税になってしまいます。

Copyright (C)2017住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.