投資のために住宅・住居を購入してローンを利用したとき、ローン減税が使えるかですが、これはできません。

住宅・住居に対する地震への備えについて

投資のための住宅・住居にローン減税が使えるか

税制においては目的を以って設定されるようになっています。ただし法律ですから抜け穴があったりします。抜け穴を見つけてそれを利用するのは決して違反ではないですが、本来想定しないこととして利用しにくい場合があります。場合によってはそういった抜け穴がないように法整備されていることもあります。十分に見ておきたいところでしょう。住宅・住居を購入する一番の目的は自分で住むためです。そしてそれに対するローン減税があります。

不動産といいますと投資目的で購入することもあります。購入をして自分で住むのではなく賃貸に出したりするのです。節税としても知られているので検討している人がいるのでしょう。もしこのときにローン減税が使えればかなり特になりそうです。現実問題からすると投資目的での購入ではローン減税は利用することができないようになっています。住宅ローン自体は利用することはできます。後は経費に入れることによる所得税を減らす効果しかありません。

そのために、ローン減税を利用するときには実際に住んでいることを証明として提出することになります。住民票などを提出しなければいけません。誰かに貸していたりすればこういったことはできませんし、一人が別のところに住むことはできません。

Copyright (C)2017住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.