再婚して住宅・住居のローンを返済するときの問題です。夫婦間でも贈与が発生するので気をつけます。

住宅・住居に対する地震への備えについて

再婚して住宅・住居のローンを夫婦で返済をする

再婚をした夫婦がいます。ともにローン付きの住宅を所有していましたが、現在は妻の住宅に済み夫の住宅は売却しました。ですから夫分の住宅のローンはなくなり、売却代金が手元にある状態です。もともと妻が所有していた住宅に関しては名義もそのままでローンも妻が支払っている状態です。夫からすると自分の住宅・住居を売却したお金で返済すればいいのではと考えているのですがそう簡単にはいかないようです。なぜそうなるのかです。

夫婦間においてもお金の受け渡しがあると贈与になります。妻のローンを夫が支払うと贈与になり、その金額によっては贈与税がかかることになります。1年いくらまでならかからないとあるのでそれをする手もありますが、そうすると返済まで時間がかかるので金利がかかります。簡単なのは妻がそのまま支払い続けることになるのでしょう。妻が仕事をしているのであれば、それをすべてローンの返済に充てます。夫の資金は別に投資や貯蓄に回すのです。

どうしても夫のお金で返済するなら共同名義にする方法があります。そしてその支払を夫が行います。そうすれば贈与の問題は起こりません。注意としては割合がどうなるかです。その時の相場などにより計算されることになるでしょう。

Copyright (C)2017住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.