住宅・住居の購入で、入籍前の夫婦が共同名義で行えるかです。他人でも行えるので問題ありません。

住宅・住居に対する地震への備えについて

入籍前に夫婦となる予定の人同士で共同名義で住宅・住居を購入

結婚式をするときに入籍をしているかどうかがあります。形式を大事にするなら結婚式後に入籍をすることになるのでしょう。代理の人も行えますから、代わりに出してもらえば結婚式直後に入籍をすることも可能になります。一方で新婚旅行などに行くときのことを考えると事前に入籍をしたほうが便利なことがあります。式直後に入籍するとパスポートの変更などができません。その後に新婚旅行に行くときに別の名前で行くことになるからです。

結婚をするにあたっては入籍をいつするのか等があるのですが、結婚を機会に住宅・住居を購入することもあります。通常は結婚式、入籍を済ませてからになるのでしょうが、事情によってはそれ以前から一緒に住むことは珍しくありません。では、購入にあたって他人同士で共同名義で購入ができるかです。将来的には結婚をするのですが、まだ入籍をしていない状況です。それで行えるかです。行えないなら購入方法などを考えなおす必要があります。

不動産の購入について、共同名義にするときに家族や親族出ないといけない決まりはありません。他人同士で購入、共同名義になることは可能になります。将来結婚するからなどに関係なく、いつの状態でも共同名義にできます。

Copyright (C)2017住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.