夫婦共働きで夫名義の住宅・住居を購入しました。妻がローン支払いを手伝うと贈与になってしまいます。

住宅・住居に対する地震への備えについて

夫婦共働きで夫名義の住宅・住居のローン支払いを妻が手伝う

夫婦に関してはかつては一度結婚をするとそれが一生続くのを想定していました。年金についてもそのようになっていました。サラリーマンと専業主婦の夫婦では将来もらえる年金が大きく異なります。夫婦が一緒なら問題ないのですが、離婚するとなると妻の方の年金が少なく生活が苦しくなります。現在は年金分割の制度ができています。夫婦はお互いに助けあうものですが、いざとなれば離婚もできます。それを前提に法律も変更されます。

夫婦で住宅・住居を購入することになりました。名義は夫でローンの支払も夫の名前で組みました。夫婦共働きなので、ともに収入はあります。収入としては夫が少し多い程度で、それほど変わりません。当然結婚をして、これからも一緒に生活をしていきたいと思っているので妻としては住宅ローンの支払を手伝いたいと思っています。収入の一部を渡して支払いに充ててもらおうと思うのですが問題はないかです。実はこれは贈与になります。

夫名義で妻が支払って贈与にならないのは夫婦で共同の名義をした時です。また事情があって住宅ローンを組めない場合になどに妻が夫のローンの一部を支払いたいことがありますがこれも注意しないと贈与税がかかってしまいます。

Copyright (C)2017住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.